新車と中古車の維持費について

これまで購入してきた中古車はレガシィ、フォレスタ,そしてサバンナRX-7でした。そして新車で購入したのはアリオンでした。私はこのようにSUV、ステーションワゴン、スポーツカー(クーペ)、セダンとタイプが異なる車を体験してきたので、一概に新車・中古車の維持費について記述することはできないので、それぞれの特徴について記述したいと思います。普通車の年間の維持費の項目としては、自動車税・任意保険・ガソリン代・駐車場代があります。また今回は車検代は考慮しないことにしたいと思います。

これらの中で、車の特性が値段に影響してくるのはガソリン代です。中古車で買ったレガシィ(ステーションワゴン)とフォレスタ(SUV)の燃費は平均10km/l前後でした。サバンナRX-7(スポーツカー)の燃費は平均5km/lでした。新車で買ったアリオン(セダン)は平均13km/lでした。これは田舎に住んでる私の経験値なので、もちろん生活習慣に伴う乗り方の違いによって多少は前後してくると思います。故障について言うと、もちろん中古車の方が新車に比べて故障しやすいのは故障しやすいです。

しかし、中古車の故障について言うと、中古車には当たり外れがあり、状態は値段とは相関していないと考えています。もちろん車に関する知識があれば外れを買ってしまう確率を下げることができると思いますが、私のような素人が車を買う場合、買う車種の燃費を事前に調べた後に購入することが維持費を下げるポイントだと考えています。